シルバーウィークの最終日は、長男と友人の3人で千葉県九十九里にある片貝漁港へ釣りに行ってきました。過去何度も足を運んでいる漁港です。九十九里浜は、長い砂浜で、片貝漁港はこの砂浜にある漁港のため、基本的には砂地です。根掛かりとはほぼ無縁なのがとても助かります。




川を渡った横の道から北側の長い堤防に入って行く事ができます。

片貝漁港 釣り場までのルート

この道沿いには釣具屋もあって、餌もここで購入できます。今回は前日に上州屋で購入したのでスルーです。

片貝漁港 釣りえさ

船の通り道です。

片貝漁港釣り

これが、今回の釣りでの釣果マップと地元のおじさんたちに聞いた情報のまとめです。

片貝漁港マップ

長い堤防を遠目に見ます。手前は砂浜になっていて、貝類が取れるようです。港の中は採ってもよいとのこと。

片貝漁港釣り2

突堤の先端。車でここまでくることが出来ます。車の向きを見て分かる通り、奥に広いスペースがあって、方向転換をすることができます。釣り人が数人見えますが、全員イシダイやクロダイを狙っているそうです。見回りに来ているおじいちゃんの話では、ここ数日で大きいやつが7、8枚上がっているとのこと。

なお、突堤の左側はテトラポットが入っていますが、テトラが大きく、かなり危険です。このエリアでは、メジナ師が落とし込みで狙っているのと、伊勢エビ狙いの兄ちゃんたちが一攫千金を狙っていました。僕も落とし込みで試してみましたが、波が強すぎて、仕掛けをよく考えないとまったく釣りになりません。

片貝漁港釣り6

私と息子がちいさなイシモチを釣り上げた場所。船の往来がとにかく多く、投げているとほぼ間違いなく仕掛けや竿を持って行かれます。2回やられました。また、どういう訳か、漁船はともかく、釣り船のほとんどは、嫌がらせかと思うくらい突堤のすぐ脇を毎回通過します。まあ、釣り船で飯を食べている人達から見ると、お金を払わずに釣りをしている我々が疎ましいのかもしれません。

向こう側に見えるのは、反対側の堤防ですが、あちらは外に出ている釣り座が限られていることと、車を降りてから結構歩く必要があるため、人数はまばらです。ただ、前回行ったときはテトラポットの手前でイシモチがたくさん連れました。

片貝漁港釣り3

地元のおじさんの話だと、この突堤の真ん中のこの隆起している部分の下は内側にえぐれていて、いろんな魚が溜まっているそうです。難度か仕掛けを落としてみましたが、ヒットなし。

片貝漁港釣り5

友人のAさんにハモがヒット!でかい!50センチはありそうです。仕掛けは、ヒラメ用の仕掛け
に、死んだマメアジを引っ掛けて投げただけです。

片貝漁港釣り釣果ハモ

長男と仕掛けていた蟹網には、モズクガニがかかっていました。結構でかい!これは嬉しいです。えさは、コンビニの100円イカ。地元のおじさんの話では、この漁港の季節は10月、11月で、この時期になるともっと蟹が取れるそうです。
使ったのは、この投カニアミです。500円というリーズナブルな価格。大事に使えば何度でも使えます。

モズクガニ0

地元のおじさんの何人かは、このギャング針を使って釣りをしています。これは、地元の道具屋さんのオリジナルらしく、通常800円ほどするところ、500円で巡回販売しているらしいです。このギャングばりを港の中に投げて、引くだけで、いろいろなヒラメ、アナゴなどの魚類や、アサリなど貝類がひっかかるそうです。貝類は海中では口を開けているらしく、角度が合うと、口にうまくハマるとのこと。そのため、この針には返しがついていないそうです。返しがあると、貝類が閉じた時に針を抜けなくなるようです。このギャング針は使えるエリアが限られていて、基本的には港の内側のみ。外側でやると10万円の罰金が取られるとのこと。

片貝漁港釣り4

友人にヒットしたウマヒラメ。イソメが貫通していて、気持ちが悪いです。苦笑

片貝漁港釣り釣果1

友人の釣果。イシダイは、別のイシダイ師から分けてもらったものです。メッキも投げ仕掛けで釣れていました。

片貝漁港釣り釣果2

僕と長男は、モズクガニ、貰ったメジナ、二人で一日ずつ釣ったイシモチを夜に調理して頂きました。

メジナ、イシモチ、モズクガニ料理

モズクガニは、特にミソが絶品。最高でした。

モズクガ二3

関東で堤防釣りをされるなら、こちらの本がオススメです。僕も一冊もっていますが、片貝漁港もカバーされていて、魚種とポイントがかなり細かく網羅されています。必ず役に立つ一冊です。


関東周辺 堤防釣り場ガイド
関東周辺 堤防釣り場ガイド