4月に入り、桜が咲き始める季節になり、今回の冬は誰も病気にならなかったなあ、と油断?していたある週、長男が突然発熱。38度を超えていたのでまさかと思ったが、翌日妻が病院に連れて行くとインフルエンザA型とのこと。ここから面白いようにドミノ式にインフルエンザが我が家に蔓延していった。1日ごとに次男、三男、四男、妻と憑っていき、ついに私もインフルエンザになってしまった。同じ病院にほぼ毎日違う子供を連れてインフルエンザの診断を受け続け、最後に父親が行ったときには「もう診断の必要もないですね」と先生に言われる始末。苦笑

経緯はともかく、今回家族全員が病院のお世話になりましたが、インフルエンザの治療薬として2種類の薬を貰いました。2歳と幼稚園の四男と三男はタミフル、小学4年生の次男以上はイビナルです。なぜ同じ病気なのに違う薬が処方されたのか、最初はあまり気にしませんでしたが、備忘録として後で調べたことをまとめておきます。

以下、僕が調べた比較表ですが、最大の違いは利用回数でしょう。タミフルが1日2回/5日間飲み続ける必要があるのに対し、イビナルはたった1回だけで良いのが特徴です。効果、効能に大きな違いはないようです。

タミフル イビナル
製薬会社 ロシュ社 第一三共
効果対象 A型、B型 A型、B型
原材料 八角から採取されるシキミ酸 要確認
効果 ウイルスが新たに拡散するのを阻害する インフルエンザウイルスの増殖をおさえる
利用回数 1日2回/5日間 1回のみ
形状 錠剤 吸引
摂取条件 発症後48時間以内 発症後48時間以内
成分名 オセルタミビル ラニナミビル オクタン酸エステル水和物

僕はイビナルを処方されたので使ってみましたが、口をつけてスースー吸うだけなので、とても楽でした。薬のおかげか、苦しかったのは1日だけで、すぐによくなりました。それでも6日間は外出禁止とお医者さんに言われましたが。苦笑

なお、イビナルについては、製薬メーカーである第一三共が詳しいQ&A形式でのページを用意しています。詳細を知りたいかたはこちらを読まれると良いでしょう。
https://www.medicallibrary-dsc.info/di/faq/inavir.php