アウトドアの撮影用にアクションカメラを購入しようと思い、Amazonで色々と物色した結果、価格と口コミのレビュー数と評価の高さからCrosstour CT8500を購入することにしました。

合わせて、64GBのメモリとアクセサリーセットも購入したので、アクションカメラの設定から使い方、アクセサリセットまでをレビューしたいと思います。

アクションカメラとは

そもそも、アクションカメラとは何でしょうか? アクションカメラとは、小型のウェアラブルカメラ(装着して使うカメラ)で、様々なアウトドアでの撮影に使うことができます。

アクションカメラの利用シーン

例えば、利用シーンとしては以下のようなものがあります。

  • シュノーケリングやダイビング中に水中を撮影する
  • バイクや自転車でのツーリング風景を撮影する
  • 登山やハイキングなどの撮影
  • 釣りの撮影

アクションカメラの特徴・選び方

アクションカメラの特徴としては以下のようなものがあります。この特徴が、そのままアクションカメラの選び方のポイントになります。

  1. 小型:装着して使うことが前提になっているため、小型であることが求められる
  2. 防塵、防水、衝撃に対する強度:アウトドアシーンで使うことが前提のため
  3. 画角:ある程度広い範囲が写せること。もしくは画角を選べること
  4. 解像度:高いければ高いほどクリアな映像が撮影できます。現在の標準は4K。
  5. 撮影モード:様々な用途に合わせた撮影ができる。
  6. 手ブレ補正機能:基本的に装着して使うカメラのため、手ブレを補正する機能が必要です。
  7. マイク:音声収録が合わせてできること。
  8. バッテリー:ある程度長時間の撮影に耐えられるよう、大容量のバッテリーが求められます。
  9. メモリ:記憶領域であるメモリも可能な限り大容量をサポートする機種が望ましい。
  10. スマホ連携:スマホを使った遠隔操作や撮影映像の取り込みなどができる。
  11. 周辺アクセサリの充実度:身につけて使うため、周辺アクセサリが充実していることが大切です。

Crosstour CT8500がとにかく安くて、評価が高かった=コスパ最強

Crosstour CT8500はAmazonアクションカム売上No.1

この商品を購入した理由ですが、この記事を書いている2019年12月現在、Amazonで販売されているアクションカメラの中ではCrosstour CT8500がとにかく安くて、評価が高かったです。

口コミレビュー数は2600超、評価はほぼパーフェクトの5、アクションカムの中ではランキングNo.1です。価格は5680円。購入時は500円クーポンもついてました。

先に紹介した10個のポイントに当てはめてみたいと思います。

  1. 小型:64g ➡︎ 軽い。
  2. 防塵、防水、衝撃に対する強度:防塵・衝撃は不明。防水は水中30mまで利用可能
  3. 画角:170度の広角レンズ。画角の選択はできない模様。
  4. 解像度:4K30fps *fpsはフレームレート(一秒間に写す静止画の数)。30fpsはテレビ並み
  5. 手ブレ補正機能:あり
  6. 撮影モード:ループ録画、タイムラプス、スローモーション、連写撮影、車載モードと、セピア・白黒・ネガ反転機能に対応
  7. マイク:外部マイクあり
  8. バッテリー:1050mAh
  9. メモリ:64GBまでサポート。64GBの場合、4Kであれば78分、フルHDであれば600分の撮影が可能
  10. スマホ連携:モバイルアプリあり
  11. 周辺アクセサリの充実度:Gopro対応アクセサリに対応

とまあ、なかなかです。というか、価格が5680円なのが信じられません。コスパが高い商品であることが分かります。

Crosstour CT9500も販売されているが・・

2019年12月現在、最新版のCT9500も売っています。水深が30mから40mに、バッテリーが1050mAhから1350mAhに、解像度は4K30fpsから4K50fpsパワーアップされています。

しかし、値段がほぼ倍の9980円。まだCT8500の方が売れていることを考えると、多くの人はCT8500の方がコスパが高いと考えていると言えるでしょう。

CT9500

Crosstour CT8500の設定方法と使い方

箱から全部出してみた

とりあえず箱から全部出してみました。

思ったよりも周辺アクセサリが多いのでちょっと驚きます。

ただ、ここで気付きますが、カメラ本体だけ購入するとウェアラブル、つまり装着して使うのに必要なものが何もないのです。最低限度の周辺機器だけ用意されている、といったところでしょうか。

後述しますが、アクセサリセットも合わせて購入して正解だったと思いました。

Crosstour CT8500の説明書は日本語で用意されているので安心

このアクションカメラですが、説明書はちゃんと日本語で用意されています。

カメラを水中ケースの中から取り出す

カメラ本体ですが、水中カメラケースの中に入っているので、取り出しましょう。

Crosstour CT8500

アクションカメラのインターフェースを確認する

まず正面ですが、レンズと電源ボタンのシンプルな作りです。

アクションカメラのインターフェースですが、側面にTFカードスロット、Micro USB、HDMI、外部マイクの入力口が用意されています。

電池は底面に入れるところがあります。また背面は大きなモニター画面が用意されています。

上面はOKボタンがあるだけです。笑

Crosstour CT8500にバッテリーを入れて充電する

本体を取り出したらまずはバッテリーを入れます。CT8500は1050mAhの大容量バッテリーが2個付いてます。

購入直後は放電してしまっているので、再度充電します。今回はモバイルバッテリーで充電。充電を始めるとすぐに電源が入りました。

Crosstour CT8500にメモリを入れてフォーマットする

今回合わせて購入したのがGAUDI microSDカード 64GBです。Crosstour CT8500で推奨されているのはClass10の高速メモリカードです。

メモリですが、開封すると2つのものが入っています。メモリ本体は小さい方で、大きい方はアダプターです。

小さい方をCT8500の側面のスロットに差し込みます。

電源を再度入れると「TFカードをフォーマットして下さい」という表示が出てきます。

システム設定から「フォーマット」を探します。

フォーマットメニューからフォーマットを開始します。

データが空だったためか、すぐにフォーマットが完了しました。

撮影はリモコンで操作するのが簡単

撮影ですが、付属のリモコンで操作するのが簡単です。このリモコンで、写真も動画も撮影することができます。

以下は実際に撮影してみた静止画です。170度の広角なので、縁が歪んでいます。

Live DVでスマホから遠隔操作も可能

Crosstour CT8500ですが、Live DVというモバイルアプリ経由でスマホから遠隔操作も可能です。

使い方ですが、3ステップで使うことができます。

  1. カメラのWifiを起動する
  2. スマホのWifi設定でカメラのSSIDを選択して、アプリに戻る
  3. カメラを接続する

SSIDはCrosstour CT8500のWifiをオンにすると以下のように表示されます。

LyStar 51-in-1 Gopro アクセサリー セット

今回のアクションカムと合わせて購入したのが、LyStar 51-in-1 Gopro アクセサリー セットです。商品名にあるようにGopro用のものですが、Crosstourほか、色々なアクションカムでも使えるようです。

この中に、大小様々な51の周辺アクセサリが詰まっています。51個の中から僕が使いそうなものをピックアップしています。

ケースはコンパクトで持ちやすい

ケースですが、持ちやすいです。カメラだけを購入するとケースがついていないため、ケースという意味でも購入する意味があります。

ケースの中はアクセサリがぎっしり

見ての通り、ぎっしりとアクションカムのアクセサリが詰まっています。

胸に付けるバンド

これは釣りなどの撮影に使えそうです。

頭に付けるバンド

これはハイキングやマウンテンバイクなどに使えそうです。

車に付けるアーム

車のフロントガラスに付けるアーム。これをつければ、ドライブレコーダーの代わりにも使えます。

ミニ三脚

ミニ三脚。可愛いです。

ダイビング用

ダイビング用の空気が入ったアーム。なるほど、これなら落としても下に落ちていく心配はありませんね。沖縄旅行で使えそうです。

自撮り棒

自撮り棒ですが、かなり伸びます。これを使えば、高いところとか、ボートの上から水の中とか撮れそうです。

まとめ

以上、Crosstour CT8500とアクセサリのレビューとなります。本番で使うのはこれからですが、今回の買い物全てで8,542円でした。安すぎます。これから楽しいアクションカムライフを送りたいと思います。

Amazonでの詳細は以下からどうぞ

Crosstour CT8500 詳細