子供達が大きくなってきて出てくる問題は、寝る場所の確保です。今までは2段ベッドに二人ずつ寝かしていましたが、三男が小学生に上がるタイミングで、もう一つベッドを購入することにしました。

2段ベッドをもう一つ購入しようか悩んだ結果、シングルベッドを購入することにしました。下の二人が大きくなる頃には、上の子供達は家を離れているだろう(希望的観測)という見立てです。





イケヤ、ニトリを見て回った結果、最終的に無印良品のパイン材シングルベッドを選択しました。

イケヤで購入すると自分で組み立てることになり、それは絶対に嫌。組み立てサービスがあるニトリは良かったのですが、最後に見た無印良品で店員さんに
「組み立てはたったの5分で終わりますよ」
と言われた言葉を信じて無印にすることにしました。

ちなみに素材のパイン材は、住宅用語大辞典によると以下のような特徴があるそうです。

北米のマツ科(針葉樹)からとれる建材のこと。ヒノキ材やスギ材と同程度の硬さで、年月がたつと白っぽい黄色から艶やかな飴色に変化するなどの特徴がある。

注文後、数日で自宅に届きました。ダンボールがたったの二つ。あれ?こんだけ?という印象です。

子供達と一緒に開封します。

まずは外側の骨組みを組み立てます。

ここが最大のミソですが、無印良品のパイン材シングルベッドは工具が不要です。結合部分はこんな感じになっていて、差し込んではめるだけです。

結構しっかりハマります。

骨組みが完成しました!

次にフェルトシートを貼っていきます。

すのこを開けて、

上に乗せます。

ベッドをおきます。

完成です!!

さすがに5分で完成、という訳にはいきませんでしたが、所要時間は組み立て部分だけなら10分程度でした。素晴らしすぎます!