3月上旬、妻のお気に入りのフォトグラファーに家族写真を撮ってもらうということで、指定された新宿御苑に行ってみました。





新宿御苑は、明治39年に江戸時代に信州高遠藩主内藤家の屋敷があった地に、皇室の庭園として造られました。戦後、国民公園となり、誰でも入ることができるようになったそうです。

我が家にとって新宿御苑の最大の問題は駐車場。子供5人を連れて電車で行くのは不可能なので、当然車で向かいましたが、駐車場が高い(汗)!。近くのコインパーキングの相場は15分200円です。まあ、仕方ありません。

集合は新宿門です。ここは新宿駅南口から徒歩10分ほどです。

料金は大人200円、小学生50円、幼児無料。

園内にはこの時期の僕の天敵、杉の木が。。花粉症がきついです。苦笑

しかし、都会のど真ん中にこんな癒しの空間があるとは驚きです。

ビルが垣間見えます。

新宿御苑の中でも有名な日本庭園。外国人やカメラおじさまたちがたくさんいました。我が家の子供達は興味ナッシング。

驚いたのは、桜が咲いていたこと。早咲き桜です。調べてみると、新宿御苑にはいろいろな種類の桜が植えられていて、寒桜(カンザクラ)を皮切りに、大寒桜(オオカンザクラ)や寒緋桜(カンヒザクラ)など時期がずれながら次々と桜が咲いていくようです。

新宿御苑内にはランチなどに使えそうなレストランもありました。