日帰り佐野観光で立ち寄ったのが、佐野の道の駅「どまんなか たぬま」です。ここは、富士山の景観が素晴らしいことから、2005年に関東の富士見百景に選定された佐野の観光スポットの一つです。
所在地: 〒327-0313 栃木県佐野市吉水町366−2





道の駅どまんなか たぬまの名物、無料の足湯

道の駅どまんなか たぬまの名物といえば、無料で楽しめる足湯ではないかと思います。

お湯の温度は41度くらいでとても気持ちいい!惜しむべくは季節で、さすがに暑い夏には足湯の類は超時間楽しむのは厳しいものがあります。笑

足湯にはちゃんと足を洗える場所も併設されています。

イベントの一環で、怪談お化け屋敷も

道の駅としてはかなり珍しいイベントですが、お化け屋敷もありました。一人300円ということで、子供を連れて挑戦。

プシュー。「ギャー!!」「びえええーん!」

9ヶ月の末の子を抱っこして、二人の小学生の子供を連れて行きましたが、最も叫んでしたのは自分という始末。自分の叫び声に驚いた末っ子が泣き叫ぶという別の意味での地獄。笑

思ったよりずっと怖かったです。汗

メインは地元の食材が手に入る食品売り場

メインは地元の食材が手に入る食品売り場です。

桃と梨。美味しそうです。

これは佐野で初めて見たスイーツですが、佐野名物カンロ。何かというと、黒蜜で食べるさっぱりとした寒天ゼリーです。

ネットでも売っています。

ご飯のお供にしたい甘辛生姜、やわらかメンマ、ピリ辛メンマ、ザーサイ。

あと、佐野といえば佐野ラーメン。佐野ラーメンは、コクのある醤油ベースのスープと竹を使って麺をうつ、青竹打ちの平麺が特徴のご当地ラーメンです。

ご当地グルメもいろいろ

ご当地グルメもいろいろあります。これはお昼ご飯に注文した唐揚げ。いろんな種類が楽しめました。

牛串。

なぜか韓国料理も。笑

たい焼きとたこ焼きの店、寅次郎。ちょっとした行列ができていました。

お昼にジャンボシューマイを注文。なかなか美味。

子供が遊べるサーキットもある

足湯の施設の前には、100円で動くサーキットもあります。

なぜかトイレに名前がついている

あと、どういう訳か、ここのトイレにはオアシスなる名前がついています。珍しいですね。笑